日本語|English

世界を救う初のマラリアワクチン開発成功となるか?

マラリアは、年間2億人以上が罹患(りかん)し、100万人が死亡する感染症だ。死亡者の大部分は、アフリカにいる5歳未満の子供たち。日本人にはあまり関係のない病気と思われるかもしれないが、マラリア撲滅に向けたワクチンの開発者が日本にいることを知っているだろうか? 大阪大学微生物病研究所の堀井俊宏がその人だ。堀井の開発しているワクチンが承認されたら、世界を救う初のマラリアワクチンとなる。

偶然が重なり、アメリカで始めることとなったマラリア研究

堀井がマラリアの研究を始めたのは、1984年。32歳の時である。当時、先進的な分子生物学の研究をしており、マラリアについては百科事典でその項目を探さねばならないほど知識がなかった。では、なぜ30代に入りマラリア研究に転向したのか? 面白いことに、マラリアを研究したかったという理由ではない。

理由の一つは、ライフワークとなる新しい研究テーマを探す時間が欲しかったこと。もう一つは、留学先の研究対象がマラリアであったことだ。マラリアに興味があったわけではなく、研究を学びに行くポスドク(博士研究員)と違い、マラリア研究に分子生物学を導入してほしいという相手の要望に興味を持った。結果そのポスドク先であるアメリカ・ダートマス大学への留学が決まるも「これからずっとマラリア研究をしていこう」と決意するのはまだ先の話だった。

帰国後、マラリア研究ではない元のポストに戻ろうとしていたが、若く業績もなかった堀井に次期教授のポストが打診された。それを切っ掛けに「マラリアを一生研究していこう」と決意した。結果、教授ではなく助教授としてだったが、研究室を運営することとなった。マラリア研究を決意するとともに、学術的に低迷していた日本寄生虫学の立て直しにも意欲的になった。

「なんで日本人がマラリアなどを研究するのか?」と理解を得られなかった

堀井がマラリアの研究を始めた時、周囲の理解を得ることに苦労した。文部科学省ですら「マラリアは日本にないのになんでそんなことを日本でするのか?」と言った。また、世界からも同様に見られていた。2000年前後だと、世界の医療研究の中心はアメリカであり、日本の貢献などは期待されていなかった。そのため、日本人は日本のことをしていればいいと思われていた。それでもマラリア研究が国際貢献であることを訴え続けた結果が、今につながる。

現在、ワクチンを開発している堀井だが、当初は薬、基礎、ワクチンの研究開発に同時並行で取り組んでいた。その理由を「研究室を維持するには研究費が必要であり、研究室をつぶさないよう何でもやった。どれか当たれば良かった」と話す。

自分の価値観で判断した結果、少しずつ結果が見えてきた

2000年初頭、アメリカで「MSP-1(エムエスピーワン)」というマラリアワクチン候補抗原が脚光を浴びていた。皆が「MSP-1を使おう」という風潮があったが、堀井は違った。ダートマス大学時代から研究をしていたマラリアワクチン候補抗原であるタンパク質「SERA(セーラ)」の研究をし続けていた。堀井は、基礎データからMSP-1にはワクチンとなる可能性がないことを見抜いていたのだ。

SERAについて書いた論文を見たウガンダの研究者から「マラリア流行地で健康な人の抗体とマラリア患者の抗体を比較するので、SERAを送ってくれたらMSP-1などと一緒に測る」という誘いを受けた。堀井は、すぐにSERAを送った。半年後、「マラリア防御免疫と強い相関があったのはSERAだけだった」という連絡を受けた。その時は、「やった! と燃えました」と当時を思い出す。

チーム全体が真っ暗になっても、成功を信じ、道を示した

実用化まで、人体に悪影響はないか、効果は本当にあるかなど、複数の難しい臨床試験をクリアしなければいけない。そのため幾度もの困難に直面している。その困難の一つに、2010年4月にウガンダで実施した臨床試験がある。21歳以上の人にワクチンを接種したのだが、日本での結果に反し、何も免疫応答が起こらなかったのだ。途端、チーム全体の雰囲気が真っ暗になってしまった。堀井は、ウガンダに向かう飛行機の中でじっとデータを眺め、考え続けた。結果、免疫寛容(特定の抗原に対し免疫反応を示さないこと)ではないかと思いついた。

空港に到着した時、メンバーをラウンジに集め「これは免疫寛容だから、若者で試験したら絶対(抗体価が)上がる!」と話した。すると、メンバーの顔が明るくなった。「メンバーのモチベーションを上げるには、トップが『絶対うまく行く』と信じていないといけない。どんな時でも進むため、道を示す必要がある」と自身のリーダーシップについて語る。

一番うれしかった瞬間は、ワクチンにマラリア予防効果があると分かった時

「若者に効果がある」と実証されたのは2011年。ウガンダで6歳から20歳を対象とした臨床試験でのワクチン接種者について1年間の発症をフォローアップをした時だ。フォローアップが終わった時、堀井と准教授のニリアン・パラクパックは、ウガンダのレストランで結果を書き出した記録を見ていた。「192番、1回感染している……この人はワクチン(を接種)していない。次の人は、なっている……ワクチンしていない。また次の人はかからなかった……ワクチンしている」と選挙の開票のように興奮しながら手作業で見ていった。その場で明らかに効果があることが分かった。結果、72%に発症予防があり、副作用がないことが分かったのだ。「その時のエキサイトな状態は尋常じゃなかった。研究していた中で一番うれしかった」とその時の興奮を話す。

ワクチンが承認されるまでもう一歩、責任感から今後も進み続ける

2015年5月、ブルキナファソでの第I相臨床試験キックオフミーティング

2015年5月、ブルキナファソでの第I相臨床試験キックオフミーティング

認可されるまでには、まだステップがある。マラリア流行地の5歳以下の子供たち、マラリア流行地以外の国の人たち、それぞれを対象に臨床試験をする必要がある。前者の試験では8割、後者では9割以上の予防効果が出ると見込んでいる。全臨床試験終了後、データをPMDA(医薬品医療機器総合機構)に申請する。そこでライセンス承認されると実用化に進む。堀井は、2020年までに承認されることを目指している。

実用化を心待ちにしているのは、現地の人たちだけではない。旅行者、アメリカ陸軍、インドや中国からの出稼ぎの人など数多くの人が待ち望んでいる。長い月日を経て、マラリアワクチンの実用化まであと少し。「この発見をしてしまった責任感から、本当に泣きたくなってももう前に進むしかない」と堀井を奮い立たせる。堀井の挑戦はまだまだ続く。(取材日:2015年6月4日)

どんなワクチンを開発しているのか?

BK-SE36マラリアワクチンの画像

BK-SE36マラリアワクチン

熱帯熱マラリアは病原体である熱帯熱マラリア原虫を持つ蚊に刺されることで感染する。原虫が体内に入ると赤血球を食い荒らしながら赤血球のヘモグロビンを消化し、増殖する。症状としては、高熱や頭痛、吐気などを引き起こし、治療しなければ死に至る場合が多い。堀井が開発する「BK-SE36(ビーケーエスイーサンジュウロク)マラリアワクチン」は、赤血球で増殖をしないよう初期段階に発病を防ぐものである。原虫のゲノムにあるSERA(セーラ)抗原遺伝子を操作し、SE36タンパク質というワクチン抗原にすることにより、予防を可能にした。SE36タンパク質と水酸化アルミニウムゲルを混合した凍結乾燥剤がそのワクチンだ。

マラリアワクチン開発

堀井 俊宏(ほりい としひろ)

1953年大阪生まれ。1976年大阪大学理学部卒。1984年米国ダートマス大医学部へ准教授として留学。マラリア研究を開始する。1991年大阪大学微生物病研究所助教授、1999年同教授を経て、2005年大阪大学微生物病研究所附属難治感染症対策研究センター長及び国際感染症研究センター長に就く。

「マラリア」の概要をみる-Yahoo!ヘルスケア

堀井俊宏の画像

ページの先頭へ